「ほっ」と。キャンペーン
メモリプレイヤー内蔵のFMトランスミッター、BUFFALO「BSFM21BK」買いました。楽曲データをSDカードに入れてコイツで再生、トランスミッタで飛ばしたFM電波を無線機(VX-3)で受信してヘッドセット(ヘルメット内のスピーカ)で聞いちゃおう、って仕掛け。もちろん無線機側の仕様で自動で切り替わりながら無線も使えちゃう。これでツーリング中でも音楽聞きながら走れる、ってワケですな♪おまけにUSBポートで携帯電話の充電まで出来ちゃう(今はシガソケ充電ケーブル使用)からまさに一石二鳥。定価はさておき、実売4千円以下でこの機能が入手出来るんだから実はイイ買い物なんじゃないかなあ、と自画自賛ちうです。

a0116205_2365578.jpg

『原音の忠実なる再現』BBEテクノロジー採用の高音質モデル
 MP3形式などモバイル音楽プレイヤー用に圧縮した音楽データを、原音に近いクリアな音質に復元するBBEテクノロジー。そのBBEテクノロジーを採用した超高音質FMトランスミッターです。

ステレオミニプラグ/USB/SDカードのトリプルメディア対応
 プレイヤー機能を搭載しているため、USBフラッシュメモリーとSD/SDHCカードの3種類のメディアにも対応。iPodやWalkmanの音楽はもちろん、USBフラッシュメモリーやSD/SDHCカードに保存した音楽データも再生できます。

USB給電ポート付きで、音楽を聴きながら充電が可能
 USB給電ポート付きで、iPodやWalkmanを充電しながら音楽を楽しむことができ、長時間でも安心してお使いいただけます。また、別売りの充電ケーブルを使用することで携帯電話の充電も可能です。

メディア自動認識機能を搭載
 USBフラッシュメモリーやSD/SDHCカードを各スロットに接続するだけで、自動的にメディアを認識し、再生します。

MP3/AAC/WMAの3種類のデジタル音楽データを再生
 従来のMP3形式に加え、iTunes標準のAAC形式、Windows Media Player標準のWMA形式に対応。USBフラッシュメモリーやSDカードに収納してお使いいただけます。

再生/一時停止などのコントロールボタン付き
 SDカードやUSBフラッシュメモリーの音楽をFMトランスミッター本体で操作できるコントロールボタンを搭載。再生/一時停止/次のトラックへ進む/前のトラックへ戻る/ランダム再生の5つの操作が可能です。

クリアな周波数を探せる全周波数対応&4チャンネルメモリー
 全周波数に対応しているため、クリアな音で音楽を楽しめる周波数を自分で設定することができます。また、周波数は4チャンネルまでメモリーできます。


早速、リッピング用にTSUTAYAでCD10枚借りました(笑)


↑バイクブログ村参加中、ポチッと応援ありがとうございます!


[PR]
by penguin774 | 2012-03-19 00:11 | バイク
既に7月も半ばですが、6月最後の週末に行ったアマチュア無線機のアンテナ取り付けの様子をお送りします。

とりあえず今回はスカブのフロント周りにアンテナを設置してみよう、ということで用意したアイテムは以下の二つ。

DIAMOND ANTENNA
 ユニバーサルクリップベース MCRⅡ(4,650円也)
 SRH771 144/430MHz帯フレキシブルアンテナ(2,800円也)

まずはアンテナケーブルを通すために、メーターコンソール脇にドリルでゴリッと穴を開けます。こういう時はおっかなびっくり作業してもいい結果は出ません。容赦なくゴリッといきましょう、ゴリッと。
a0116205_21582798.jpga0116205_21583977.jpg
穴が空いたらゴム製のブッシュを通して無線機のアンテナケーブルとその他ケーブル(ETCアンテナ、ナビ電源)をくぐらせます。その他ケーブルはハンドル周りをばらす度に邪魔だった為、元々通していた穴から今回の穴へ移設しました。センターボックスへの引き込みもスリットチューブでスッキリまとめます。
a0116205_2159353.jpga0116205_2159133.jpg
無事にセンターボックスへ引き込み終了。接続コードを繋いだ無線機(VX-3)を放りこんでアンテナケーブルを接続したら準備完了。
a0116205_21595097.jpga0116205_2201348.jpg
アンテナはフロントスクリーンに挟んだだけ(笑)未使用時はご覧のとおりカバー(4Cの地デジアンテナケーブルに付いてたヤツ)を嵌めてます。
a0116205_2232197.jpga0116205_2233366.jpg
アンテナ装着の外観はこんな感じですね。着座位置からはバッチリ視界に入りますがほとんど気になりません。また、今のところ走行中に基台がズレたりはしてません。速度域としてはリミッターが効くトップスピードまでお試し済みなので大概問題無いかと思います。
a0116205_2235494.jpga0116205_2241233.jpg
アンテナ設置を機会に常設運用を目指してVX-3用のノイズフィルター入りシガー電源「E-DC-21(3,000円也)」を購入、運用を開始しました。
a0116205_22101643.jpg
肝心の「電波の飛び」ですが、40センチのアンテナにしては取り付け位置も高いので先日の「ひさ花でカンパイ」の往路で大活躍、飛びも音質も好評でした。当面はコレで運用していきたいと思います。


↑バイクブログ村参加中、ポチッと応援ありがとうございます!


[PR]
by penguin774 | 2011-07-13 23:34 | バイク
会社帰りにいつものアキバの無線屋へ寄ってKTELのヘッドセットKT-133を購入!コツコツ揃えて数ヶ月、ツアラー装備もようやく一段落の感がある。早速、アライのクラシックSWへフレキマイクを装着してみる。うん、イイネ〜この感じ(笑)
a0116205_1128514.jpg
アンテナはネットでポチったSRH805Sへ交換。バッテリーが入ってるケースは、これはと思って百均で買ったらサイズがピッタリでまるで専用品のようなゲームカセットのケース。予備バッテリーはROWAのNP60(台湾製セル)で1,200mAh、2個セットで送料込み1,300円也。元のバッテリーと合わせると計3,400mAhの容量になるんで、ちょっとしたお泊まりツーなら余裕ではないかと。
a0116205_1129894.jpg
あとはPTTスイッチを取り付けるだけ♪(0゜・∀・)wktk


〜追記〜
雨が上がったんでPTTスイッチを取り付けた。スイッチは単純にリヤブレーキの取り付けネジへ共締め、ケーブルはカバー内でハンドルバーへ這わせてホットグリップのスイッチ下から取り出し。取りあえず使わない時はコネクタ部分をフロントのトランクへ収納することにしたけど、延長ケーブルを買って来てフロントのトランク内へ取り出した方がスマートかな。
a0116205_16265150.jpga0116205_16271382.jpg
明日の「道の駅制覇ツーin房総半島」はこれでイクゾー!無線持ちはいないけど(笑)
[PR]
by penguin774 | 2010-02-27 12:20 | バイク
アマチュア無線の開局申請は、総務省の電子申請liteで行いました。

2月1日に申請、2月10日に審査完了、そして2月12日の今日、
関東総合通信局長から無線局免許状と証票シールが届きました。

費用は申請費用2,900円+返信封筒用の切手代のみ。
スムーズ・安い・早い、と三拍子揃ってて言うこと無し!でした(^-^)

識別信号(コールサイン)は、
 JG1KTO
   「ジュリエット・ゴルフ・ワン・キロ・タンゴ・オスカー」に決定!

a0116205_18215545.jpg
これで電波出せるゾイ (・∀・)ニヤニヤ
あ、でもまだヘッドセットが無かったわ(笑)
[PR]
by penguin774 | 2010-02-12 23:44 | バイク
アマ無線ハンディ機、VX-3を購入しました。
ツーリング用途で近距離通信だけでOK、と来れば送信出力とかにこだわる必要はナシ。防水やらbluetoothやら機能を考え出すとキリがないけど、価格を考えたら買える機種はかなり絞られちゃう(笑)でもどうせ買うんだからってことで今回こだわった機能はワイドバンドレシーバー搭載機。だって長距離走るときにラジオ聞けたらイイでしょ(笑)

と言う訳で最終的には「icom IC-P7」と「VertexStandard VX-3」の二機種が候補に。決め手は、ラジオ聞いてる最中に入感があると自動で無線へ切り替わる「SUB-RX機能」。金曜の仕事帰りにアキバの某無線屋へ寄って、ちょちょいと話して価格交渉し即決。
a0116205_13132440.jpg
局免は電子申請(超便利)、ヘッドセットは早くて来月ですかね。でも互換品の予備バッテリーNP60とミニアンテナSRH805Sはネットでポチッと(笑)

早速、昨日の道の駅制覇ツーに持ち出してSUB-RX機能をチェック。AMラジオ聞きながら某周波数を待ち受けたところ、入感と同時に即座に切り替わり停波するとラジオに戻ります(そりゃそうだw)。おぉ、スゲー!コイツは超便利(笑)
無線ライド、楽しみがひとつ増えました(0゚・∀・)wktk
[PR]
by penguin774 | 2010-01-31 14:39 | バイク