2010年 05月 22日 ( 1 )

先月の道の駅制覇ツーin群馬・埼玉で発生したクラッチジャダー(泣)
症状は、発進時にクラッチが繋がるまでの"モタつき"。タコメーター(グラフだけど)もボボボボボって感じで完全に繋がるまで不安定に上下する。もちろん排気音も同様。でも繋がっちゃえば無問題、今まで通りのパフォーマンス。

症状から発進直後のトラクションが抜ける(掛からない)んで右折なんかは特に要注意である。右折待ちで「ヨシ直進車の車列が空いた、今だ!」ってな感じで行ってボボボボ...ってなるとそれはもう超ヤヴァイんである。症状は完全な停止状態からでなくてもクラッチが切れれば発生する。例えば、減速してクラッチ切れる→止まる前に再加速、みたいなシチュエーション。体は加速体制なのにバイクがついて来ない、みたいな(笑)

翌週のちょこっと信州ではビーナスラインでの坂道発進でさらにハッキリと感じることが出来た。ボボボボボ...ってなると登らない。まあモタつきはほんの"数秒"なんだけど、されど"数秒"だしね。ちなみに発生率は100%ではないものの、50〜70%位ってトコでかなり高め。もちろん信州から帰ったその日にバイク屋へ入院させましたとも、ええ(笑)

で、湿式多板クラッチをバラしたトコ。状態としては綺麗な方のようで、プレート類の厚みも全て既定値内だったらしい。ハウジング内のローラー可動部分の溝に若干の段付きが見られるものの(この写真で判りません)経年相当だそう。
a0116205_21193434.jpga0116205_21195314.jpg
結局、クラッチをバラしたもののジャダーの決定的な原因とは思えなかった(トホホ)。メカニックとも相談し費用対効果も考慮した結果、焼けが見られるドリブンプレートは交換することにした。さて結果や如何に。
a0116205_21203493.jpga0116205_212058100.jpg
その他、気になってる点がもう一つ。
そもそもクラッチミートとクラッチタイトの自己診断ではいずれも既定値内だった。そこで気になるのが吸排気系である。ボボボボ...はキャブ不調の2ストマシンの吹け上がりにも良く似ている。スカブはキャブ車ではなくFIである。ズバリ、制御はECM。そう、去年ひろめ市場でカンパイの往路で発生し、大阪新世界で串カツOFFの復路を最後に症状が収まったFIランプ点灯である(当時の記事はこちら)。

この経緯をよく知ってるバイク屋はその辺も抜かりなく、今回も診断ソフトを接続してECMの履歴を調べていてくれた。すると、例のP1600が何回か記録されていたそうな。そう、FIランプこそ点いていなかったものの深く静かに継続していたようなのだ(涙)。この件に関するメーカーの見解は、あくまでも部品代だけで48,300円するECMの交換なんである。ちなみにスカブ650のECMはヤフオクにも流れていない(涙)

そろそろ腹を括らないとダメかなあ、、、でももうちょっとあがいてみたい(笑)

続きはこちら
[PR]
by penguin774 | 2010-05-22 22:51 | バイク