ひろめ市場でカンパイ(しまなみ海道編)

高知ICから高知自動車道へ乗り川之江JCTで松山自動車道へ入る。石鎚山SA(ハイウェイオアシス石鎚山)でアイス休憩と4回目の給油。どうやら足立ナンバーのスカブが四国では目立つらしく(笑)、ハレ乗りの老夫婦とリッターネイキッド二人組から声を掛けられちょいと世間話。昨日カツオ食べに来て今日はもう帰るんだと言うと皆さん一様に「アンタも好きだねぇ(苦笑)」的に半ば呆れていた(笑)。伊予小松JCTで今治小松道路へ入ると今治料金所はすぐ。いよいよ「しまなみ海道」の始まりだ。
a0116205_23581041.jpga0116205_23582359.jpg
最初は今治から大島へ渡る「来島海峡大橋」、世界初の3連吊り橋で全長は4,105m。北側に自転車歩行者道、南側にバイク道がある。
a0116205_2359449.jpga0116205_23592184.jpg
二番目は大島から"伯方の塩"でお馴染みの伯方島へ渡る「伯方・大島大橋」、全長は1,230m。
a0116205_23595721.jpga0116205_001516.jpg
三番目は伯方島から大三島へ渡る「大三島橋」、単径間ソリッドリブ2ヒンジアーチ橋で全長は328m。写真の一枚目はバックショットで、決して右側通行じゃ有りません(笑)
a0116205_005250.jpga0116205_011294.jpg
四番目は大三島(ここまでは愛媛県)から広島県生口島へ渡る「多々羅大橋」、三径間連続複合箱桁斜張橋で全長は1,480m。塔の下の歩道で手を叩くと日光東照宮の鳴き龍のように音が何回にも渡って反響する「多々羅鳴き龍」が有名らしい。また、フランスのノルマンディー橋と姉妹橋だそう。余りに空いてて前後に車が居なかったんでセンターライン上を走ってみた(笑)
a0116205_015370.jpga0116205_021462.jpg
五番目は生口島から因島へ渡る「生口橋」3径間連続複合箱桁斜張橋で全長は790m。こちらも二枚目はバックショット。
a0116205_03286.jpga0116205_032527.jpg
六番目は因島から向島へ渡る「因島大橋」、三径間2ヒンジ補剛トラス吊橋で全長は1,270m。橋桁が2段になっていて上段が自動車専用道路、下段が歩行者・自転車・125cc以下の二輪車道となっているそうで、構造的にはレインボーブリッジみたいな感じ。
a0116205_041648.jpga0116205_04277.jpg
西瀬戸自動車道本線料金所を越えて最後の七番目は向島から尾道へ渡る「新尾道大橋」、5径間連続鋼箱桁斜張橋で全長は546m。隣の尾道大橋とは双子橋でこちらは自動車専用道路になっているそう。ここを渡りきって「しまなみ海道」全線制覇、完了!
a0116205_05193.jpga0116205_051768.jpg
巨大な建造物の上から瀬戸内海に浮かぶ島々を見下ろしながら走ると言う爽快感。このスゴいスケール感は決してコンデジの写真なんかで伝わるもんじゃない。確かに東京からはちょいと遠いけど、これを体験したら「ここまで来る価値は十分過ぎるくらいあった」ことを実感した。晴れててホントに良かった。しまなみ海道、まだ走ってない方は是非!


復路編へ続く
[PR]
by penguin774 | 2009-08-31 00:30 | バイク