ETCアンテナケーブルの取り廻し

愛車のスカブ650へETCを取り付けた時のメモです
・経路はフロントボックス内部からメーターコンソール内側を通す
・防水と防塵を考慮して各ケーブル取り出し穴へゴム製ブッシュ(メクラ)を嵌める
ブッシュを通すことで得られたメリットは、見た目や防水性と防塵性の向上の他に取り付け後でも結構な自由度でケーブルの出し入れ(ケーブルの長さ分は調整可能です)ができるので、フロント周りのメンテナンス時に融通が効くことです。

センターボックス右側天井部分は「嵌め込み式+先端部ネジ2箇所留め」ですが、ほぼ手探りの作業になってしまうので、作業時間の大半をこの天井部分の取り外しに費しました。
a0116205_1563392.jpg


取り外したセンターボックス右側天井部分にドリルで直径15mmの穴を開けます。
a0116205_157631.jpg


ゴム製ブッシュ(1ヶ/31円)は15mm径を選択しましたが、アンテナのコネクタが通るサイズを選択して下さい。写真は試しにブッシュを嵌めてみたところ。実際はブッシュの中心付近に切れ目を入れ、そこをラジオペンチで拡げてコネクタ・ケーブルを通してから穴へ嵌めています。
a0116205_1571887.jpg


アンテナケーブルを通したセンターボックス右側部分を元通り組み付けます(実は作業しにくかった右側のネジ1本は止めていません、まあ大丈夫でしょうw)。
a0116205_1573837.jpg


メーターコンソール右上にも同様にドリルで穴を空け、ゴム製ブッシュを嵌めてアンテナケーブルを取り出します。アンテナ本体はスクリーン内側右下へ両面テープで貼り付けました。
a0116205_1574765.jpg

[PR]
by penguin774 | 2009-02-04 23:19 | バイク