無線機アンテナ取り付け

既に7月も半ばですが、6月最後の週末に行ったアマチュア無線機のアンテナ取り付けの様子をお送りします。

とりあえず今回はスカブのフロント周りにアンテナを設置してみよう、ということで用意したアイテムは以下の二つ。

DIAMOND ANTENNA
 ユニバーサルクリップベース MCRⅡ(4,650円也)
 SRH771 144/430MHz帯フレキシブルアンテナ(2,800円也)

まずはアンテナケーブルを通すために、メーターコンソール脇にドリルでゴリッと穴を開けます。こういう時はおっかなびっくり作業してもいい結果は出ません。容赦なくゴリッといきましょう、ゴリッと。
a0116205_21582798.jpga0116205_21583977.jpg
穴が空いたらゴム製のブッシュを通して無線機のアンテナケーブルとその他ケーブル(ETCアンテナ、ナビ電源)をくぐらせます。その他ケーブルはハンドル周りをばらす度に邪魔だった為、元々通していた穴から今回の穴へ移設しました。センターボックスへの引き込みもスリットチューブでスッキリまとめます。
a0116205_2159353.jpga0116205_2159133.jpg
無事にセンターボックスへ引き込み終了。接続コードを繋いだ無線機(VX-3)を放りこんでアンテナケーブルを接続したら準備完了。
a0116205_21595097.jpga0116205_2201348.jpg
アンテナはフロントスクリーンに挟んだだけ(笑)未使用時はご覧のとおりカバー(4Cの地デジアンテナケーブルに付いてたヤツ)を嵌めてます。
a0116205_2232197.jpga0116205_2233366.jpg
アンテナ装着の外観はこんな感じですね。着座位置からはバッチリ視界に入りますがほとんど気になりません。また、今のところ走行中に基台がズレたりはしてません。速度域としてはリミッターが効くトップスピードまでお試し済みなので大概問題無いかと思います。
a0116205_2235494.jpga0116205_2241233.jpg
アンテナ設置を機会に常設運用を目指してVX-3用のノイズフィルター入りシガー電源「E-DC-21(3,000円也)」を購入、運用を開始しました。
a0116205_22101643.jpg
肝心の「電波の飛び」ですが、40センチのアンテナにしては取り付け位置も高いので先日の「ひさ花でカンパイ」の往路で大活躍、飛びも音質も好評でした。当面はコレで運用していきたいと思います。


↑バイクブログ村参加中、ポチッと応援ありがとうございます!


[PR]
by penguin774 | 2011-07-13 23:34 | バイク