セル始動不可

先月行った「道の駅制覇ツーin埼玉(featuring MJ46)」で発覚したセル始動不可事象。
出たり出なかったではありますが、その後も何度か発生してましてハイシーズンを前にこれは何とかせねばと。試行錯誤の結果、ほぼ原因が判明しましたのでレポートを。

まず事象としては、以下の通り。
・セルが回らない
・バッテリーの電圧はOK
・セルまで電気は来ている(カチっと音がする)
・走行前後とは無関係に発生する(バッテリ充電量に左右されない)

今積んでるバッテリー容量は一晩以上置いた状態で「12.7v前後」、走行後でも「12.8v前後」と言うコトでサービスマニュアルによれば大体75%程度の容量らしい。クラッチジャダー問題の時にバッテリーの容量不足も疑って実際にバッテリーへ充電して貰い、バッテリー単体としてはまだ使える旨のお墨付きを貰っていました。とは言え本来なら走行後は13v程度は出ても良いはずなのでやっぱり多少弱っているように思えるので冬に備えて純正バッテリーを手配していました。

と言うワケで、只バイク屋へ修理に出すのも能が無いので(ホントは金が無い)切り分け開始。ちなみに純正バッテリーは「古河電池 FTX14-BS」、メードインジャパンである(笑)。定価は2.7諭吉だけど某バッテリー屋の通販価格で送料込み1.2諭吉で収まった逸品です。
a0116205_22383897.jpg
交換前の現用バッテリー(未走行状態)の電圧を測ると12.69v。新品バッテリーに電解液を注入して交換し、約一時間程度走行後のバッテリー電圧を測ると12.97vでした。で、この後セルを回すと冬用にとってあったドライ状態のバッテリーを犠牲にした甲斐も無く見事に再現しました(つまりセルは回らず)。
a0116205_22385955.jpga0116205_22391172.jpg
只、新品バッテリーも13v出ていないトコがどうにも気になって、充電器で補充電を行って翌日リトライしました。が、やっぱり再現。バッテリー原因説が消えたので取りあえずバッテリーを元に戻しているとハタと気が付きます。
そう言えば、、、先日、いつものGSで給油した後にヘッドライトが消えていて、(夜だったけど)そのまま無灯火で家に帰って来てセルボタンを押したら回復したっけ。。。

ヘッドライトが消える、、、セルを回してる間じゃん、、、(゚Д゚)ハッ!

ハイ、もうお判りですね。そう、セルスイッチの接触が悪くなっていてセルボタンを押しきるとセルが回らない状態に陥ってた様です。試しにセルボタンを押しきらずに軽く押すと(半押し?)軽々とセルが回ってエンジンが掛かります。何度やっても同じ。つまり、今までセルが回らない時は実はセルボタンを押しきっていて、セルが回るときはセルボタンを軽く押していた、ってワケです。

本対処はセルスイッチの分解・調整からになるんでしょうが、原因と対策が判ったトコで取りあえず様子見に(笑)

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへFollow penguin774tter on Twitter



[PR]
by penguin774 | 2010-07-20 00:48 | バイク